March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ぜろじげんラジオ第33回ライトノベル作家七月隆文さん

 ぜろじげんラジオ第33回のゲストは

超豪華ゲストです!


ライトノベル作家の七月隆文さんに来ていただきました。


七月さんは一迅社より発売されている
ライトノベル「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』として拉致られた件」
の著者であり、また同人ゲーム作家でもあります。



一迅社WEB:俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 ホームページ

七月さんは以前に、自らゲームを作成
シナリオ・絵・音と全ての役を1人で行い
天使郷〜ヘブン〜を完成させました。

今回そのゲーム制作の舞台裏や
ライトノベル作家からみたゲーム制作
シナリオライティングについてのお話を聞いてみました。



先日行ったSIG-INDIEの講演会で登壇されていた様子はこちら



途中数カ所で分割されていますがご了承下さい。



Video streaming by Ustream


まずは自己紹介とサークル紹介について



Video streaming by Ustream


ゲーム制作の舞台裏について



Video streaming by Ustream


シナリオライティングについてのお話です。



Video streaming by Ustream

後半のトピックと今後の活動などについて


昨今のライトノベル読者に向けて
七月さんがどのように考え、シナリオを書いているのか、
聞いていく中で非常に参考になることが数多くありました。

ゲームとライトノベルの文体は大きく異なりますが
開けばすぐに読める本と、遊ぶためには
どっしりと覚悟する必要があるゲームでは
そもそも求められるものも違ってきます。

ただ、昨今のゲームは長く太く遊ばせるモノが
多くありますが、これって実際、全てのユーザーが求めているモノなんだろうか?
と考えたりします。

もっとカジュアルに、さっくり遊べるノベルゲーム
それこそライトノベルのように読者にストレスを
与えず、それこそアニメを観るように遊べる
ゲーム っていうのを、シナリオの中に入れていくことが
これからのゲームにとって重要なことなんじゃないだろうか

と考えたりします。



七月先生ありがとうございました。
七月さんのブログはこちら

先生に励ましのお手紙を出そう!


pagetop