CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ぜろじげん韓国ソウル即売会編3日目 | main | ぜろじげん韓国ソウル即売会編5日目 >>
ぜろじげん韓国ソウル即売会編4日目
0
    前日の日記はこちら

    さて、いよいよ今回のメイン
    韓国ソウルの即売会イベントへ行って来ました。

    ソウル市内の駅、蚕室(チャムシル)駅に到着。


     海外のイベントに参加して、場所がわからないときは、とにかく早く現地に向かいます。

    サークル準備と思われるコ達の後ろを
    ついて行くと、大抵は無事に開場までつけます(笑)


    今回参加するイベントは「ORION」という
    オリジナルオンリーのイベントです。
    (OriginalとOnlyをかけてるのか)

    ORION

    ここはKOBACO(韓国放送公社)ビルの3階の
    展示室で行われます。


    余談ですが、ここは
    1980年12月30日に、広告収入の放送局間格差を是正し、放送の公共性を維持する目的で創設され、広告主が出稿したコマーシャルと放送料金は、全て KOBACOに移管され、各放送局に対して放送順序の決定と放送料金の分配を行なっています。放送の公共性が維持できるという評価を得ており、韓国に昔 あった言論統制が廃止された現在でもKBACOによる独占営業体制が継続されているという事です。
    元リンク






    この顔!

    それはどうでもいいとして

    入り口にある喫茶店で開場するまで待ちます。


    ほどなく時間になり受け付け。
    入場料は2000ウォンです。



    パンフレットとシールをもらえます。


    シールは腕に巻くことで入場パスがわりに



    サークル数は5列あり1列10サークルくらい
    壁にもサークルはありますが、全体を見渡して40〜50くらいでしょうか



    サークル参加も来場者もほぼ全員が女性でした。(男性は自分くらいか?)

    本がメインで、それ以外には画集など
    ゲームを出しているサークルは一つだけありました。



    「11月の少年」というゲームを作っている
    サークル「チームアナゴ」の人達です。



    ゲーム以外にもドラマCDや設定集など
    色々展開しています。




    ※チームアナゴのブログ記事はまた別のエントリーで書く予定です。

    色々サークルのことなどを聞くことが出来ました。

    今回の旅で、同人ゲームのサークルさんに会えたらいいなぁと思っていただけにとても満足です!

    良かった!


    他に収穫したのは男性向けのオリジナル同人誌です。


    ORIONはイベントこそ小規模なものの、
    オリジナルの同人即売会ということで
    非常に熱いイベントでした。


    大きな即売会は別に僕じゃ無くても行く人がいるので、
    こういう即売会に参加してみたいなぁ
    と思いました。


    さて、その後チャムシル駅に戻り、近くにある
    ロッテワールドへ。


    ここは一度行ってみたいと思った
    世界最大級の屋内遊園地です。



    入り口にはもちろんロッテリア!
    家族連れがたくさんいました。




    ゲーセンがあったので、ここでもプレイ


    なぜかソウルまできてタイムクライシス2を
    ワンコインクリア! 一回500ウォンです。

    その後はここから近くの駅「サムソン駅」に
    あるCOEXというショッピングモールへ。


    ゲームセンターを探していたんですが
    歩いてもない…


    ガンプラショップへ


    ヴァンガードも人気です。誰だこの人は?



    肉じゃが!


    そして韓国ではおなじみ整形の広告。すげーなおい!


    この手の広告は地下鉄のサイネージでもよく見ます。



    /( ^o^ )\ ナンテコッタイ


    すげー変わりようだぜ!!

    パプチムという手巻き寿司を食べます。


    駅の改札は場所によってハイテクなのと層で無いところの差が大きいです。
    日本にもないような細い改札!



    そして夜は止まってるゲストハウスから
    近くにある木洞駅前のサウナ(銭湯)へ


    床屋のライトに温泉マークがあるのがサウナです。
    ちなみにこの床屋ライトが二本あると
    風俗床屋のサインらしいです。



    受付で7000ウォンを払い中へ。
    チムジルバンも入る場合1000円で専用シャツも
    借りられます。


    下駄箱の鍵はロッカーの鍵と共用です。
    やはり観光地と違って、地元の人が行くサウナは人が少なくていいですなぁ



    銭湯好きの自分としては韓国のサウナは
    大変素敵な場所でございます。


    オレンジの服に着替えて、地下にある
    チムジルバンと汗蒸幕(ハンジョンマク)があるフロアへ。


    ここは寝られるサウナみたいなところで
    温度の異なる3つの部屋に入ってゆったりします。

    スーパー銭湯的な感じでみんなまったりしてる。
    24時間やってて寝られるので宿泊施設にもなるみたいです。


    汗蒸幕は蒸しサウナでここだけ
    温度がめちゃあつい。汗がダラダラ出てきます。







    ぐおお!熱いぜ熱いぜ熱くて死ぬぜ。

    途中出ては水を飲み、また入って…
    今度は寝るタイプのチムジルバンへ入ります。


    床が熱い石になっていて、カラダの芯から
    暖まります。


    運動施設なんかもあったり、ネット環境もあります。これで24時間いられるってすごいね。


    謎のゲーム機。



    氷のチムジルバンもあります。

    フロアには店員のおばあちゃんがきて
    「あンた、日本人かい? トンヂン(東京)?」

    僕はハングル話せませんが、とてもいいおばあちゃんでした。
    次は僕もハングル話せるようになって、色々話せるようになりたいと思います。



    サウナに入った後は風呂に入りカラダを洗って
    でます。いやー気持ちいい!


    次の日へ続く
    | イベント | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.zerozigen.com/trackback/992217
    トラックバック