CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 伊勢田勝行大博覧会4に行きました | main | 【イベント】アイリーベルシナリオライター向け勉強会レポ 【後半】 >>
【イベント】アイリーベルシナリオライター向け勉強会レポ 【前半】
0
    株式会社アイリーベルの主催するシナリオセミナーに
    参加してきました。前回と同様の横浜の関内に
    ある中小企業センターで行われました。
    30人前後くらい?

    概要

    前半はSOHO向けのフリーランス向けの内容だったので
    省略。

    シナリオ向けで参考になりそうなものがあったので
    まとめてみます。

    ==================
    ストーリーを面白くするゴールの設定とは
    ==================

    シナリオライター 檜木田正史

    機Д好函璽蝓爾防要な5つの構造

    ストーリーに必要なものは

    1:いつ?   :時間軸
    2:どこで?  :場所
    3:誰が?   :キャラクター
    4:なぜ?   :動機付け
    5:何をどうする:何を目指して行動するのか
             物語の着地点(=主人公の目標)

    供Д皀繊璽佞砲けるいやなことの反対を考える

    ストーリーの基本構成は主人公の目標VS目標の妨害

    <方法>
    ・一番最悪なことを考え、その反対を
     ストーリーの中核に置く


    例:ジュラシックパーク
    嫌なこと:恐竜に悔い殺されて死ぬ
    逆→暴走する恐竜から逃げ延び、
      サバイバルすることが盛り上がる

    例:バック・トゥ・ザ・フューチャー
    嫌なこと:時代から戻れなくなる
    逆→戻れなくなる危険からなんとか帰るのが着地点

    ☆逆のことから考える
    主人公の目標を到達しようとすることと、それを妨害することが対立すること→物語の中盤を考える。

    掘読者の緊張と快感
    物語の時間と緊張度が高くなっていく
    快感は2つ

    1:緊張する快感
      あがっていく部分→ハラハラドキドキ
    2:結果の快感
      (成功)ほっとする
      (失敗)がっかりする

    全体的にはどんどん山があがっていく。
    ・緊張することも快感

    検Ъ膺邑との対立

    目標と妨害の対立
    主人公が切り抜けて上手くやっていく→なんとか解決→もっと強い敵がくる

    結果の快感(成功)
    ・主人公がなんとかピンチを脱出して、
     次に新しい刺客が来る

    結果の快感(失敗)
    ・途中どんどん人が死んでいく
    ・真実に迫る過程で次の被害者が出ていく

    どちらでも物語的には成り立つ

    最後の山場はやはり
    上手く行き・目標を達成する というのが絶対必要

    ハッピーエンドじゃない場合は?そういう場合は

    離婚するというのはハッピーエンドではない
    いい終わり方と悪い終わり方がある→何とか良い終わり方で終わらせていく。

    ネガティブな終わり方にならないようにする。
    ポジティブな終わり方をすることが必要。

    →観終わった後に「良かったね」となるような終わり方

    と、ここまではドラマに共通のルール

    后Д押璽爐任鷲ず「目標」は達成される なぜ?
    ゲームにおいては必ず目標が達成される。

    ゲームというのは主人公の目的=ゴールである
    プレイヤーは主人公に感情移入する。
    主人公=ユーザーでないといけない。

    なぜか?

    ゲームオーバーとゲームクリアーがあり
    明確に分かれてないといけない。
    ルールは明確である(HPがあり、ルールがある)
    ロジカルに組み立てないといけない。

    主人公の目的を達成する=ゲームクリアー

    此Г世瓩淵押璽爐亮体

    ・目標が途中で消える
     うやむやになる、達成出来ない。
    ・目標と到達地点が違う
    ・目標が途中でどうでも良くなる
    ・目標がそそらない
    ・目標がユーザーの好みと実は違っていた
    ・もっと魅力的な目標が途中で現れる
    ・目標とは違う話が続く
    ・目標と到達地点の価値観が違う
    ・途中絵目標が大きく変わる

    察Гいぁ嵬槁検廚箸
    ・ブレない
    ・労力が報われる
    ・段階があって徐々に近づいていく
    (常に目標が明示されている)
    ・ゲーム部分と一体化している

    倒す対象が変わるのはおk
    より凶悪なやつが出てくるとか

    物語の枠組みそのものが変わるのは面白い
    428は物語そのものを次へ進めるのがゲームの部分

    次目標例
    敵を倒す
    試合に勝つ
    競争に勝つ
    ・・・・・・とか色々


    とりあえずいろいろあったがこんな感じ
    ゲームシナリオに必要な様々な要素がわかって
    とてもタメになりました。

    【イベント】アイリーベルシナリオライター向け勉強会レポ 【後半】
    | - | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.zerozigen.com/trackback/991955
    トラックバック